HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【超党派議連】第三者組織立法化の議論開始‐5月上旬メドに方向性

2013年4月5日 (金)

今国会提出を目指し検討していく

今国会提出を目指し検討していく

 自民・公明・民主などの超党派による「薬害再発防止の制度実現に取り組む国会議員連盟」は2日、設立総会を開いた。会長に自民党の尾辻秀久元厚生労働相が就任、事務局長には、みんなの党の川田龍平参院議員が就いた。今後、週1回程度のペースで議論を重ね、薬害を防止するため医薬品行政を監視・評価する第三者機関の創設に必要な関連法案を5月の連休明けをメドにまとめ、今国会中の提出を目指す。

 第三者機関の設置は、2010年4月の「薬害肝炎事件の検証および再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」の最終提言や、12年1月の厚生科学審議会医薬品等制度改正検討部会の報告書が求めていたもので、民主政権時代の歴代厚労相らが、12年の通常国会に第三者組織設置のための薬事法改正案を提出することを薬害肝炎原告団などに明言していた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録