HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬連薬価研】次期薬価制度改革へ重点課題を整理

2013年6月11日 (火)

 日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会が2013年度事業計画を決定した。次期薬価制度改革に向けた重要課題には、▽新薬創出・適応外薬解消等促進加算の本格導入・恒久化▽保険医療上必要性の高い医薬品を対象とした新たな薬価改定方式の導入▽長期収載品等の薬価に関する課題への対応▽新薬の革新性等をより適切に評価し得る算定ルール▽市場拡大再算定の検討――などを位置づけた。

 加茂谷佳明委員長(塩野義製薬常務執行役員)は6日に会見し、新薬創出等加算について、「未承認解消の取り組み、新薬創出という冒頭の冠に対して業界、企業としてどう対応しているか詳細なエビデンスを求められる」と述べた。米国研究製薬工業協会や欧州製薬団体連合会などと相談しながら資料を作成していく。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録