HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東大病院】来院者に向けたLANサービスを導入

2007年5月25日 (金)

 東京大学医学部附属病院は24日から、外来受付や待合スペースを中心に、パソコンがあれば、無線でインターネットができる公衆無線LANサービスを導入した。病院に来る人たちに対するサービス向上策の一環として、ネット接続ができるエリアを拡大したもので、外来受付や待合スペースを中心としたエリアにアクセスポイントが設けられた。

 導入された公衆無線LANサービスは、ソフトバンクテレコム(旧日本テレコム)が提供する「BBモバイルポイント」。アクセスするには、インターネットサービスプロバイダと契約するか、院内の好仁会売店、東京大学生協、ファミリーマートでスクラッチカードを購入する必要がある。

 東大病院によると、無線LANシステムは、病棟で診療用ネットワークとして導入してきた実績があるが、患者のペースメーカーや院内の医療機器へ影響を及ぼしたケースはなく、ペースメーカーへの悪影響も電波を受信する端末を密着しなければ、基本的に影響を及ぼさないことことが確認されている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録