電池不要で小型・軽量の携帯虫よけ「虫よけタービン」 アース製薬

2007年5月28日 (月)

【3種の薬剤がバリア】

虫よけタービン
虫よけタービン

 アース製薬は今月から、電池もモーターも使用しない最小・最軽量の携帯虫よけ「虫よけタービン」を新発売した。これまで「おそとでノーマット」など、携帯用虫よけのパイオニアとして数々のアイテムを発売し、“虫よけ用品”の新市場を創造してきたが、ユーザー調査から「よりコンパクトで使いやすく、軽量な携帯用虫よけへのニーズがあることが分かった」(同社)ため、電池が不要で小さく軽量の製品を開発した。

 「虫よけタービン」は、外出時に腕などのよく動かす部位に装着して使用する。オートタービン(わずかな動きでも反応する)を採用しているので、電池もモーターも使用せずに動くたびに効果が広がる。3種の薬剤(メトフルトリン、トランスフルトリン、エンペントリン)のトリプルバリアの働きで、不快な害虫から全身を守る。使用目安は1日6時間の使用で約30日間。税抜き希望小売価格は、本体器具+カートリッジ1枚が780円、詰め替え(カートリッジ1枚)が440円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録