HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【道薬】1.8%がOTC販売至らず‐薬の重複や受診勧奨理由に

2013年10月9日 (水)

道薬が実態調査‐対面販売の有用性示す

 一般薬の販売実態を調べたところ、薬局の来店者数の1・8%が何らかの理由により対面販売でなければ対応できなかったことが、北海道薬剤師会が実施した調査で明らかになった。来店者が求めた一般薬が既に処方されている医療用医薬品と重複していたり、受診勧奨を行ったために販売しなかった事例があり、道薬では「薬剤師による対面販売の有用性を証明するもの」としている。

 調査は、道薬の会員薬局を対象に、今年6月中旬から7月中旬にかけて実施した。郵送等で調査票を配布し、消費者の性別、年代、求めた商品名と商品群、販売に至らなかった理由を聞き、72薬局から167件の事例が集まった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録