HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【OECD】日本は医療制度効率化を‐後発品使用促進が効果的

2013年11月25日 (月)

OECDが指摘

 OECD(経済開発協力機構)は21日、「図表で見る医療2013年版」の報告書を発表した。日本の医療について「近年、医療費が急速に増加している」とし、医療制度の効率化を高める必要性を指摘。その中で、後発品の市場シェアが未だ25%未満だとし、さらなる使用促進により、医療支出に対する費用対効果が上がると提言した。

 報告書では、日本の2011年の平均寿命が男性79歳、女性86歳で、OECD平均の男性77歳、女性83歳を上回る最も長寿の国の一つと位置づけ、日本では質の高い医療への公平なアクセスが可能とし、これらは高い公費割合と均衡の取れた医師の地域分布が支えているとの見解を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録