HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

主力2剤の国内シェア争い激化‐加齢黄斑変性など眼疾患領域

2013年12月3日 (火)

 滲出型加齢黄斑変性は、網膜の外側から発育した新生血管の影響などによって、出血や水分の漏れが起こり、網膜中心部の黄斑の機能が障害される疾患。物がゆがんで見えたり、暗く見えたりするほか、急激な視力低下が起こる場合もある。

 その治療は現在、血管内皮増殖因子(VEGF)阻害剤が第一選択だ。VEGFの働きを抑制し、新生血管の発育を抑えて、視力改善効果を発揮する。VEGF阻害剤にはマクジェンも存在するものの、効果の面からルセンティス、アイリーアが汎用されている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録