HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚製薬/ルンドベック】ADワクチンを共同開発‐来年に第I相試験開始

2013年12月17日 (火)

 中枢神経領域の開発・商業化で提携を行う大塚製薬とデンマークのルンドベックは、アルツハイマー病(AD)ワクチン「Lu AF20513」の共同開発契約を結んだ。両社が共同開発するAD治療薬としては3品目目で、対症療法だけでなく、原因療法での開発にも乗り出す。来年にも第I相試験を開始する予定だ。

 「Lu AF20513」は、ADの原因となる蛋白質「βアミロイド」(Aβ)に対し、高い親和性を持った複数の抗体を産生させるペプチドワクチン。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録