HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬近畿学術大会】血糖管理を病院薬剤師が担当‐医師負担軽減や入院期間短縮

2014年2月6日 (木)

過去最高に迫る多数の参加者を集めた

過去最高に迫る多数の参加者を集めた

 日本病院薬剤師会近畿学術大会が1、2日の2日間、京都市内で開かれ、約4100人が参加した。シンポジウム「病棟薬剤業務の進化・深化・真価」では、糖尿病を合併する患者の血糖管理を病院薬剤師が担当している事例が2病院から報告された。医師の業務負担軽減だけでなく、入院期間の短縮や良好な血糖コントロールの実現などに役立っていることが示された。

日病薬近畿学術大会で報告

 近森病院薬剤部の筒井由佳氏は、手術目的で入院した糖尿病患者の血糖コントロールを薬剤師が2012年から担うようになった経緯を説明した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録