【新製品】大豆由来のエクオール含む女性サポート食品を新発売 大塚製薬

2014年4月23日 (水)

エクエル

 大塚製薬は今月から、40代以降の女性の健康と美容をサポートする、大豆由来のエクオール含有食品「エクエル(EQUELLE)」を、全国の調剤薬局、病院やクリニック内の売店、自社通販(オオツカ・プラスワン)を通じて発売を開始した。

 エクオールは、大豆イソフラボンの一つであるダイゼインから、腸内細菌の働きによって産生される代謝物。大豆を摂取することで腸内で産生され、エストロゲン受容体に結合することから、弱い女性ホルモン(エストロゲン)様作用を有する。ただ、エクオールを産生できる人の割合は、日本など大豆をよく食べる国でも約50%、欧米人では約30%とされる。

 長年にわたり大豆研究を行ってきた大塚製薬では、医薬品事業部とニュートラシューティカルズ事業部が連携し、エクオールに関して日米で数々の研究を重ね、エクオールを産生する乳酸菌の単離や、大豆胚芽を発酵しエクオールを作る技術等も開発してきた。

 「エクエル」の摂取目安は1日4粒で、1粒中にS‐エクオール2・5mg、大豆イソフラボン(アグリコンとして)1・6mgを含有。パッケージは白を基調とした清潔感あるデザインで、取り出しやすく、持ち運びやすい容器サイズとなっている。税別希望小売価格は112粒(28日分相当)4000円。

 同じく今月から、フランスの健康食品会社であるニュートリション・エ・サンテ社(N&S社)が製造販売するダイエット食品「ミリカル(Milical)」の販売も開始した。N&S社は2009年から大塚製薬の傘下に入り、同社製品を日本に導入している。「ミリカル」は日本で三つ目のブランドで、フランスの薬局では売上No.1のダイエット食品という。

 ダイエットスープ、ダイエットシェイク、ダイエットバーの3タイプで複数の味を用意し、合計8アイテムのラインナップで展開。豊富な蛋白質やビタミン、ミネラル、食物繊維を含みながら、おいしさと食べ応えも特徴。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録