HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【DPC評価分科会】後発品・持参薬の影響、次期改定に向け検証へ

2014年4月23日 (水)

 中央社会保険医療協議会のDPC評価分科会は18日、次期診療報酬改定に向け、2014年度改定の影響について、持参薬や後発品の使用動向等を重点的に検証していくことで合意した。

 14年度改定では、DPC参加による効率改善等へのインセンティブを評価する機能評価係数IIが見直され、後発医薬品指数が新設された。入院医療で使用される後発品の数量割合に基づき、評価上限を60%として評価を行うことになった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録