HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】23日に新薬14成分薬価収載‐原価計算方式は3成分

2014年5月16日 (金)

 厚生労働省は23日付で、新薬14成分22品目を薬価基準に収載する。内訳は、内用薬が12成分20品目、注射薬が1成分1品目、外用薬が1成分1品目。3成分に原価計算方式を適用した。原価計算方式で算定されたアステラス製薬の抗癌剤「イクスタンジカプセル」、大鵬薬品の抗癌剤「ロンサーフ」には、営業利益率に10%の加算を上乗せした。また、SGLT2阻害剤の3成分には、いずれも類似薬効比較方式Iで算定した。中央社会保険医療協議会総会が14日に了承した。

 ▽アテディオ配合錠(味の素製薬):バルサルタンとシルニジピンを有効成分とする高血圧治療の配合剤。

 同社のシルニジピンとノバルティスファーマのバルサルタンを比較薬として「自社品の薬価+他社品のうち最も高い薬価の0・8倍」とする新医療用配合剤の特例で算定した。予測市場規模はピーク時の10年目で26万人、130億円。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録