HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】バイオ医薬製造に積極投資‐高崎工場HA4棟「国内で最大設備」

2014年6月27日 (金)

花井社長

花井社長

 協和発酵キリンの花井陳雄社長は23日の記者懇親会で、4月から開始した疾患別研究開発体制への移行、海外事業の充実、協和発酵バイオの収益基盤強化の三つを重点課題に挙げた。さらに、「バイオ医薬品の製造に積極的な投資を行っている」と述べ、4月に竣工した高崎工場のバイオ医薬原薬製造設備「HA4棟」で安定供給に取り組む姿勢を強調した。

 同社は、昨年度から中期経営計画をスタートし、グローバルスペシャリティファーマに向けた施策を進めている。今年4月からは研究と開発を統合した研究開発本部に再編し、重点領域の「腎」「癌」「免疫・アレルギー」「中枢神経」の4カテゴリー別に、R&D機能を設置した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録