HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

約半数が抗凝固薬で疑義照会‐QLifeの薬剤師調査から

2014年7月8日 (火)

 病院検索・医薬品検索サイトを運営するQLife(キューライフ、東京千代田区)は、薬剤師を対象に、抗凝固薬を服用する患者とのコミュニケーションに関する調査を行ったところ、約半数の薬剤師が抗凝固薬の疑義照会を行い、3割の薬剤師が患者の「ヒヤリ・ハット事例」に遭遇していた。また、薬剤師が患者に伝える情報と、薬剤師から聞きたい情報にややギャップがあることも示された。

 「抗凝固療法患者とのコミュニケーションに関する実態調査」は、5月9~19日にかけて、1カ月当たり3枚以上、抗凝固薬の処方箋を説明・担当した薬剤師を対象にインターネットで実施した。有効回収数は99人(男性43、女性56)。回答者の居住地は、四国と沖縄以外の全国各エリア。勤務する薬局形態の内訳は、門前調剤薬局77・8%、市中の調剤薬局(独立した店舗)11・1%、ドラッグストア内の調剤部門9・1%、スーパーほか小売業併設の調剤薬局2・0%。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録