【新製品】「エスタックイブ」「ガストール」‐かぜ薬と胃腸薬シリーズに新製品 エスエス製薬

2014年9月17日 (水)

「エスタックイブ」と「ガストール」

 エスエス製薬は、かぜ薬エスタックイブシリーズから、発熱やのどの痛みによく効く「エスタックイブFT」(指定第2類医薬品)を、胃腸薬ガストールシリーズから、胃粘膜修復成分と健胃成分を配合した「ガストールアクティブ」(第3類医薬品)を、それぞれ今月から新発売した。かぜ薬、胃腸薬共にOTC市場での中心的カテゴリーだが、有力ブランドも数多く、競合が激しい分野でもある。今回、かぜ薬、胃腸薬の主力シリーズに新たな選択肢を加えてラインナップ強化を図り、新規ユーザー獲得につなげる。

 「エスタックイブFT」は、かぜの時の不快な発熱やつらいのどの痛みなどに優れた効果を発揮する総合感冒薬。主成分のイブプロフェンを6錠(1日量)中に450mg配合しており、発熱の原因物質であるプロスタグランジンの体内における合成をイブプロフェンが阻害し、体温調節中枢に作用して熱を下げる。痛みの原因物質の生成も抑えるため、のどの痛みにも高い効果を表す。

 さらに、末梢血行促進作用のショウキョウ末、血管拡張作用のケイヒ末が、発汗を促して身体の表面から体内の熱を放出する。熱症状に対して、これら身体の中と表面からのダブルで優れた効果を発揮する新処方となっている。税別希望小売価格は、12錠(2日分)1180円、24錠(4日分)1880円。

 これで、かぜの症状に合わせて選べるエスタックイブシリーズは、かぜの11症状にトータルに作用する「エスタックイブファイン」、特に鼻にきたかぜに「新エスタックイブエース」、特にのどにきたかぜに「エスタックイブ」(いずれも指定第2類医薬品)に、今回の新製品を加えて4タイプとなった。

 「ガストールアクティブ」は、弱った胃粘膜を保護し、胃の働きを助けることで、胃もたれや消化不良などの不快な胃の症状を改善する健胃成分配合の胃腸薬。2種類の胃粘膜修復成分(カンゾウエキス末、アズレンスルホン酸ナトリウム)が弱った胃を守り、3種類の健胃成分(ケイヒ乾燥エキス、ソウジュツ乾燥エキス、ホップ乾燥エキス)が生薬独特の香り、苦みと共に胃の働きを活発にする(同処方に関しては特許を出願中)

 服用後に口の中にスッキリした香りと清涼感が広がるスッキリした服用感や、口の中でサッと溶ける飲みやすさも特徴。成人(15歳以上)1回1包を1日3回、食前または食後に服用する。税別希望小売価格は、10包980円、24包1980円。

 なお同社は8月上旬に、全国の20~60代の男女2万人に、過去1年以内に感じたことのある胃の不調について、具体的に症状を挙げてもらったところ、4割弱が胃のもたれ・胃が重いことに悩んでいた。そこで「胃もたれ・胃が重い・胃弱」を経験したという840人に「胃の不調に関する意識調査」を行ったところ、7割超(74・2%)が「以前と比べて胃の不調を感じる」と回答した。

 一方、胃の不調の原因を「加齢」と考えている人は2割弱にとどまっており、以前と比べて不調があるという回答の7割以上との間に乖離が見られている。これらの結果から、同社では「胃もたれなど、加齢に伴って胃に起こる不調について、まだまだ啓発の余地があるといえる」として、今回の「ガストールアクティブ」の周知と販促に注力していく考え。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録