カンピロバクター検出キット、ネットを通じて発売 栄研化学

2006年4月21日 (金)

 栄研化学は、食中毒発生原因の一つであるカンピロバクター・ジェジュニとカンピロバクター・コリを検出する「Loopampカンピロバクター検出試薬キット」(写真)を富士通システムソリューションズが運営するインターネット上のマーケットを通じて発売を開始した。価格は1キット5万4700円(税別)。3年間で1000万円の売り上げを見込む。

 既に発売しているサルモネラや、腸管出血性大腸菌、大腸菌O‐157などの検出試薬キットと併売していく。

 同製品は専用のリアルタイム濁度測定装置を用いることで、電気泳動を行うことなく核酸の増幅から検出まで1ステップで検出ができる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録