体液正常型の低ナトリウム血症治療薬「バプリゾール」を米国で発売 アステラス製薬

2006年5月8日 (月)

 アステラス製薬は、米国で体液正常型の低ナトリウム血症治療薬である「バプリゾール」(一般名:コニバプタン)を発売した。低ナトリウム血症の適応を持つ世界初の薬剤で、米国市場で初年度500万ドルの売り上げを見込む。

 同剤は、バソプレシンV1a、V2受容体拮抗作用を有する注射剤で、ナトリウムの排泄を伴わない排尿によって、体内の貯留水分を減少させることで、血中ナトリウム濃度を改善する。

 アステラスは米国で心機能検査補助剤「アデノスキャン」(一般名:アデノシン)などの販売を通じ、病院向け循環器市場の事業基盤を確立してきており、同剤を加えることで、より強固にしたい考え。

 04年に体液正常型、体液貯留型の低ナトリウム血症治療薬としてFDAに承認申請したが、05年末に承認されたのは体液正常型の治療薬としてだった。体液貯留型については、FDAとの協議に向け準備中。日本での開発は行われていない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録