TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【理研チーム】ADを進行させる糖鎖発見‐バイセクト糖鎖、Aβ産生酵素を制御

2015年02月02日 (月)

 理化学研究所グローバル研究クラスタ疾患糖鎖研究チームの研究グループは、バイセクト糖鎖がアルツハイマー病(AD)を進行させることを発見した。また、バイセクト糖鎖を作る酵素GnT‐IIIの阻害剤は新規のAD治療薬となる可能性も見出し、現在、同研究グループは理研創薬・医療技術基盤プログラムの協力のもと、GnT‐IIIの阻害効果を持つ化合物の探索を進めている。

 ADは認知症患者の半数以上を占めており、高齢化が進む現代社会ではその克服が大きな課題の一つになっている。その原因は、アミロイドβ(Aβ)が脳に蓄積することにあると考えられているが、Aβが蓄積していくメカニズムについてはまだ不明な点が多く残されている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報