【新製品】エチレングリコール・メタノール中毒用剤「ホメピゾール点滴静注1.5g『タケダ』」 武田薬品

2015年2月2日 (月)

 武田薬品=エチレングリコール・メタノール中毒用剤「ホメピゾール点滴静注1・5g『タケダ』」(一般名:ホメピゾール)を発売。

 2011年に武田が加パラディンから導入したアルコール脱水素酵素阻害剤で、海外ではエチレングリコール中毒やメタノール中毒の標準治療薬となっている。日本では患者数が多くとも年間数十人と極めて少ないことから、開発企業の公募が行われた経緯があり、武田が未承認薬等開発支援センターから助成を受け、国内開発を行った。

 今回、適応となる中毒症状は、エチレングリコールやメタノールの摂取により、
体内に生じた有機酸が代謝性アシドーシスを惹起し、適切な診断や治療がなされなければ腎不全や失明とい
った後遺症が生じ、場合により死に至ることもある。

 用法・用量は、ホメピゾールとして初回15mg/kg、2~5回目は10mg/kg、6回目以降は15mg/kgを12時間ごとに30分間以上かけて点滴静注する。血液透析を併用する場合は、別に定める投与スケジュールに従い投与する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録