HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

薬事法改正案が参院で可決、審議の舞台は衆院へ

2006年4月19日 (水)

薬事法改正案を可決した参議院本会議
薬事法改正案を可決した参議院本会議

 一般用医薬品の販売制度見直しと、違法ドラッグ対策の強化を目指す薬事法改正法案は、19日の参議院本会議で賛成220票、反対19票の賛成多数により可決され、衆議院に送付された。今後は舞台を衆議院に移して議論が進められることになる。

 また、本会議に先立ち18日に行われた厚生労働委員会でも、法案の議決が行われたが、合わせて過去3回にわたる委員会審議を踏まえ、附帯決議も与野党共同提案され、満場一致で採択された。附帯決議は販売制度の実効性を確保することや、登録販売者の試験のあり方、既存の配置販売業に対する経過措置、違法ドラッグ対策の体制整備など16項目に上る。

 なお、18日の委員会では既存の配置販売業に対する期限を設けない経過措置、第2類医薬品でアスタリスク(*)が付された25成分の取り扱い、副作用を発見する能力など登録販売者の資質などに議論が集中した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録