HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【新潟薬大グループ】pH変化での甘味発現機構解明‐新たな人工甘味料応用に期待

2015年6月30日 (火)

 新潟薬科大学応用生命科学部を中心とした研究グループは、植物性の甘味修飾蛋白質であるネオクリンが、酸性(pH5以下)で強い甘味を発揮する機構を解明した。これは、pHの変化はネオクリンの会合状態を調整する因子であり、酸性での単量体の構造が甘味受容体に結合して甘味を発揮する本体であるというもの。新たな非糖系人工甘味料の開発や健康飲料などへの応用の可能性が期待できる。

 ヒトは砂糖をはじめとする糖鎖以外にも、アミノ酸や人工甘味料、甘味蛋白質など、様々な物資を甘味物質として感じている。ネオクリンは東南アジアに分布するキンバイザサ科の実に含まれる甘味蛋白質で、アミノ酸113個と114個からなる蛋白質がジスルフィド結合によって2量体化したヘテロ2量体であることが分かっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録