【新製品】COPD治療薬を国内販売 グラクソ・スミスクライン

2015年10月9日 (金)

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬として、気管支拡張剤「アノーロエリプタ30吸入用」(一般名:ウメクリジニウム臭化物/ビランテロールトリフェニル酢酸塩)、「エンクラッセ62.5μgエリプタ7吸入用・同30吸入用」(一般名:ウメクリジニウム臭化物)の2剤を新発売した。

 アノーロは、長時間作用性抗コリン剤「ウメクリジニウム」と長時間作用性β2刺激剤「ビランテロール」の配合剤。2014年に発売した「アノーロエリプタ7吸入用」の長期処方解禁を受け、30吸入用を投入した。一方、エンクラッセは、アノーロにも配合されているウメクリジニウム臭化物を単剤として製剤化したもの。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録