12月14日に「オミックス創薬シンポジウム~人工知能(AI)を用いてビッグデータから創薬を目指す~」開催 日本オミックス医療学会

2015年10月20日 (火)

創薬シンポジウム開催趣旨

創薬を巡る戦略に関して、現在大きな転換期を向かえ、製薬産業の多くが新しく有効な戦略を鋭意模索していることは、誰しもが認める事実である。
そのなかでも最も有望な方向として、ヒトのReal world data・ビッグデータを創薬・育薬に応用するということが、医薬品業界の生産性向上の切り札として大きく期待されている。
しかしながら創薬研究から市販後調査までのデータを大量に蓄積しても、それをどう生かして、創薬戦略のための有効な「知識」の生成へと導くか、その方法論の開発が最大の課題になっている。

その一つの有力な方法として、大量データから知識を生成する人工知能(AI)の方法論を創薬・育薬に適用する研究が現在、熱い注目を集めている。
例えばIBM Watson システムの利用も1つの方途であり、また高機能・多層ニューロ・コンピュータとして注目を集めているDeep Learning システムを創薬、医療現場で応用することも、特に米国において積極的に進められようとしている。

本講演では端緒についたばかりのAI創薬の研究最前線をこの分野の第一人者にご紹介願う。

プログラム

総合司会

坂田 恒昭 氏
大阪大学大学院基礎工学研究科・特任教授
塩野義製薬株式会社 シニアフェロー

開会挨拶

13:00~13:10 田中 博 氏 日本オミックス医療学会 理事長

講演

13:10~13:50
「人工知能(AI)を用いてビッグデータから創薬を目指す」
田中 博 氏
東京医科歯科大学名誉教授
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 機構長特別補佐・特任教授

13:50~14:30
「医療創薬への人工知能応用の可能性」
辻井 潤一 氏
国立研究開発法人産業技術総合研究所 人工知能研究センター センター長

14:30~15:10
「ドラッグデザインする人工知能」
奥野 恭史 氏
京都大学大学院医学研究科 臨床システム腫瘍学 教授

15:10~15:30 コーヒーブレイク

15:30~16:10
「学習するシステムWatsonの医療・ヘルスケア分野への応用と今後の展望」
元木 剛 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 成長戦略 ワトソン担当理事

16:10~16:50
「ディープラーニングを用いたバイオ分子研究と創薬応用への可能性」
三宅 淳 氏
大阪大学大学院 基礎工学研究科 教授

閉会挨拶

16:50~17:00 田中 博 氏 日本オミックス医療学会 理事長

情報交換会

17:30~19:30 会場:ソラシティカンファレンスセンター

開催概要

日本オミックス医療学会 第二回オミックス創薬シンポジウム

日時:2015年12月14日(月)13:00~17:00
会場:御茶ノ水 ソラシティカンファレンスセンター
定員:150名
参加費:会員:1,000円・非会員:7,000円

日本オミックス医療学会 情報交換会

日時:2015年12月14日(月) 17:30~19:30
会場:御茶ノ水 ソラシティカンファレンスセンター
参加費:3,000円

参加申し込み

申込フォームにて参加登録が可能です

*申込フォーム 参加のお申込みはこちらから

なお定員に達し次第締め切らせていただきます。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録