HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【結核部会】結核予防指針で見直し案‐地域DOTSに薬局の役割大

2016年1月29日 (金)

 厚生科学審議会結核部会は22日、結核に関する予防指針の見直し案を議論した。直接服薬確認療法(DOTS)については、2013年時点で実施率が目標値に達していなかったものの、引き続き重要な結核対策と明示して推進することを了承した。保健所が薬局等の関係機関と連携するため、積極的に調整する方針が盛り込まれ、地域DOTSにおける薬局の役割に期待感が示された。指針は今夏をメドに改正する予定。

 DOTSは、結核患者に確実に抗結核薬を服用させるため、保健所の保健師等の患者の家庭訪問指導、地域の医療機関、薬局等の協力を得て、服薬確認を軸とした患者支援を実施するもの。厚生労働省は予防指針で15年までに実施率を95%以上とする目標を掲げているが、13年時点では実施率が87.5%にとどまっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録