HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

せん妄治療の第1選択薬、リスペリドンとクエチアピン‐専門医の約7割が推奨

2016年2月9日 (火)

 せん妄治療の第1選択薬について専門医に調査したところ、内服可能な過活動せん妄に68%以上と約7割が抗精神病薬「リスペリドン」か「クエチアピン」の使用を推奨していることが、医療経済研究機構の奥村泰之主任研究員らの研究で明らかになった。奥村氏らは、臨床試験データが不足する中、過活動せん妄に対するリスペリドンとクエチアピンの有効性を検証する、より質の高い臨床試験の実施が求められていると提言した。

 せん妄は、集中治療室患者の48~83%が発症し、それにより入院期間の延長、認知症の発症や死亡リスクが高まることが示されている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録