HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】インフルエンザ対策開始‐ワクチン2520万本確保

2007年11月13日 (火)

関連検索: 厚生労働省 インフルエンザ ワクチン タミフル リレンザ 検査キット 国立感染症研究所 感染症週報

 厚生労働省は、今冬のインフルエンザ総合対策を開始した。インフルエンザワクチン2520万本を確保、抗インフルエンザウイルス薬として「タミフル」(中外製薬)600万人分、「リレンザ」(グラクソ・スミスクライン)300万人分、検査キット約2200万人分を確保。9日には、全国の保育所・幼稚園0中学校でのインフルエンザ様疾患を把握する「発生報告」第1報(10月28日011月3日)も発表。国立感染症研究所の「感染症週報」ではインフルエンザを「注目すべき感染症」に取り上げ、注意喚起した。

 今年度の標語は「広げるなインフルエンザ、ひろげよう咳エチケット」。咳によるウイルス飛散を防ぐためマスクをしたり、使用後のティッシュはすぐにフタ付きのゴミ箱に捨てるよう呼びかける。

 そのほか、同省ホームページに専用コーナーを設け、インフルエンザの予防やQ&Aなどを掲載する。インフルエンザ脳症などによる関連死亡も14指定都市の協力を得て調査を進める。

 また、来年の3月31日まで、予防法や予防接種などの相談に答える「相談窓口」を設置。月0金午前9時半0午後5時まで。電話(03・3200・6784)、FAX(同5209)、メールinflut@npo-bmsa.org

■北海道と千葉県で休校も

 同日発表となった「インフルエンザ様疾患発生報告」第1報(10月28日011月3日)によると、患者数は611人。休校が報告されたのは北海道と千葉県で共に1施設。そのほか学級閉鎖などの対応をとったのが東京都4施設、神奈川県と岡山県が2施設、埼玉県、静岡県、滋賀県、大阪府、兵庫県、広島県がそれぞれ1施設。流行している沖縄県からは報告はなかった。

 国立感染症研究所の定点医療機関に対する発生動向調査(10月22028日)は、報告数が前週の563人から931人に「急増した」と指摘。沖縄県のほか、神奈川県、東京都、千葉県などの南関東地域での増加が目立つとしている。

関連検索: 厚生労働省 インフルエンザ ワクチン タミフル リレンザ 検査キット 国立感染症研究所 感染症週報




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録