HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

診療所の総点数、前年比5%以上の大幅低下‐日医がレセプト調査

2006年6月2日 (金)

 日本医師会は定例会見で、2006年度緊急レセプト調査の中間速報を示し、4月のレセプトデータから、診療所の総点数が前年を6%近く下回ったことを明らかにした。今月から調査を全国に拡大していく予定で、医業経営に深刻な影響を与えているならば、今年度中にも逐次、中央社会保険医療協議会等へ再改定を求めるなどの方針を示した。

 中間速報は本格的なレセプト調査を行うに当たってのプレ調査で、北海道、石川、静岡、福岡を対象に実施、369診療所からの回答を集計したもの。4月の診療所の総点数は、前年に比べ5・39%と大幅に減少、1件当たり点数が3・34%低下すると共に、患者数(件数)も前年を2・69%下回った。診療科別の外来総点数では、皮膚科と精神科が10%以上の減少、診療報酬改定で配慮された小児科は1・5%、産科は3・0%の小幅な減少にとどまった。

 日医によれば、詳しい分析はこれから。特に、入院で医療療養病床が7月から新たな診療報酬体系となることから、現段階では病院に関する分析は行っていない。また今月から、全国の会員医療機関から5%程度を抽出し、全国的なレセプト調査を実施する予定である。

 会見で日医執行部は、「秋口にも全国調査を終え、分析を急ぎたい。特に、医療療養病床の3カ月程度の動向を把握することが重要だ。10月以降の詳細な分析により、問題があれば再改定を働きかけていきたい」と述べた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録