HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

「医療費に占める薬剤費は2割」川崎厚労相が答弁

2006年6月2日 (金)

 川崎二郎厚生労働大臣は1日の参議院厚生労働委員会の中で、医療費の中に占める薬剤費に関して触れ、「平均単価を比較するとわが国の方が米国より安いと思っている」と話し、「一時、医療費に占める薬剤費の割合が3割と高かった時代があるが、現在は2割程度まで下がっている。それなりにわれわれも努力してきた」と理解を求めた。民主党の下田敦子議員の質問に答えたもの。

 下田議員は医療費に占める薬剤費の割合に関して、「日本は米国やドイツに比べて高いと思う。日本人は薬好きだと言われている」と指摘。また、日本の製薬メーカーのオリジナル製品で世界的に売れている医薬品が少ない点を挙げ、「国内で高く売って、世界的に売れている薬を開発してこなかった」のではと質した。 川崎厚労大臣は、わが国製薬企業の開発力について答え、「連結決算の数字だと思うが、例えばホンダやキャノンなどは、全体の80%くらいを海外で売り上げている。松下電器も約45%だ」とした上で、「日本の製薬企業もトップ4、5社は、販売高の40050%くらいは海外で上げている。日本の電気メーカーと医薬品メーカーを比較し、製薬企業が国内市場だけて事業を行っているとの指摘は、数字的に見ると少し違うように思う」と話し、理解を求めた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録