HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】チクングニア熱ワクチン、印企業と開発へ

2016年9月23日 (金)

 武田薬品とインドのザイダス・カディラは、アフリカ、アジア、インド亜大陸における新興感染症のチクングニア熱ワクチンの開発と商業化に向けた提携を発表した。両社はチクングニア熱ワクチンの早期開発段階から上市に至るまで共同で取り組む。武田は新興感染症ワクチン開発に積極的で、ジカ熱やデング熱の予防ワクチンで提携を進めているが、今回はインド企業と手を組み、チクングニア熱の撲滅を目指す。

 チクングニア熱は、デング熱やジカ熱と同じく、ネッタイシマカやヒトスジシマカにより媒介され感染する。発熱や重度の関節痛を引き起こし、筋肉痛や頭痛、悪心などの症状が現れることもある。米国疾病対策センターによると、チクングニアウイルス感染の予防ワクチンや治療薬は現時点で存在していない。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録