二次性副甲状腺機能亢進症治療剤「レグパラ錠」を発売 キリンファーマ

2008年1月30日 (水)

レグパラ錠25mg
レグパラ錠25mg

 キリンファーマは25日、二次性副甲状腺機能亢進症治療薬「レグパラ錠25mg」「同75mg」(一般名シナカルセト塩酸塩)を新発売した。 「レグパラ錠」は、新しい作用機序を持つ二次性副甲状腺機能亢進症治療薬。副甲状腺のカルシウム受容体に直接作用することで、血清カルシウム値を上昇させずに副甲状腺ホルモン(PTH)を抑制するほか、血清カルシウム値、血清リン値を低下させる作用を発揮する。

 二次性副甲状腺機能亢進症は、副甲状腺からPTHが過剰に産生、分泌される病態で、慢性腎不全の進行に伴い発症する透析患者の主な合併症の一つ。「レグパラ錠」の登場によって、PTHの過剰な分泌から引き起こされる骨痛や関節痛の軽減、多くの透析患者の死亡原因である心血管系疾患の発症、進展阻止が期待できるという。

 既に海外では、米アムジェンによって米国、EU、オーストラリアなど、世界30カ国以上で承認されている。

 薬価は、「レグパラ錠25mg」が554・90円、「同75mg」が1019円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録