埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター 研修会 2017/06

2017年4月26日 (水)

第52回 感染制御研修会

会員の感染制御および感染症治療の知識の習得、実践。今回は、真菌症について勉強会を企画した。真菌に対する基礎的な分野から治療戦略までお話し頂く。講師は奈良県立医科大学感染症センター准教授の笠原敬先生に依頼した。

日時

2017年6月8日(木)18:30~21:00

場所

ソニックシティホール棟4階 国際会議室
さいたま市大宮区桜木町1-7-2 TEL 048-647-4111

講演

18:30~19:00
「カンジダのバイオフィルムに迫る」
大日本住友製薬株式会社 製品企画部 第2プロダクトG

特別講演

19:00~20:40
座長 獨協医科大学越谷病院 薬剤部 鈴木 伸志
『抗真菌薬の考え方と使い方』
奈良県立医科大学 感染症センター 准教授 笠原 敬 先生

参加費

会員 1000円(会員証を必ず受付に提示してください)
非会員 2000円
学生は無料です


※埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター(G15)認定単位 1単位
 日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度(P04)IV-2 1単位
 (研修受講シールG15またはP04はいずれか一つの付与です)

※当日記名帳記入時、シール区分により受付テーブルが分かれています。また記名は施設名、氏名の後に会員番号の記入をお願いします。

※会場の定員が200名となっていす。定員を超えた場合、FAX申し込みの方を優先的に入場させて頂く事がありますのでご了承下さい。

※研修シールは、アンケートと引き換えに講演会終了後にお渡しします。
研修会開始時間より30分以上経過し遅刻した場合または中途退場者には埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター認定単位は付与されません。(遅刻した場合でも参加費を納めることで研修会の聴講は可能です。)

問い合わせ先

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センターTEL 048-776-9385

第117回 輸液・栄養管理研修会

薬剤師が病棟配置されるようになり、より患者に近い場所で業務をするようになった。薬を服用する上で食事の摂取量は薬の作用に影響したり、今後の治療にも影響を及ぼす。薬剤師は「食べる」能力をどのように評価できていだろうか。今回は歯科口腔外科医を講師に招き、薬剤師として知っておくべき基本的な「食べる」ことについて学ぶ。

日時

2017年6月13日(火)19:00~21:00

場所

ウェスタ川越 2階 市民活動室1
川越市新宿町1-17-17 TEL 049-249-3777(代)

情報提供

19:00~19:15
「最新のTPN製剤のご紹介」
(株)大塚製薬工場 大宮支店 和田 直城 先生

講演I

19:15~19:30
『ワンポイントレクチャー ~タンパク質について考えよう~』
草加市立病院 薬剤部 鈴木 慶介

講演II

19:30~21:00
座長 防衛医科大学校病院 医療安全・感染対策部 奧冨 秀典
『薬剤師が知っておきたい「食べること」~こんな視点で患者を診ていますか~』

参加費

会員 1000円 埼玉県病院薬剤師会または共催・後援団体会員
会員証を必ず受付に提示してください。
非会員 2000円
学生 無料


※埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター(G15)認定単位 1単位
 日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度(P04)IV-2 1単位
 (研修受講シールG15またはP04はいずれか一つの付与です)

※当日記名帳記入時、シール区分により受付テーブルが分かれています。また記名は施設名、氏名の後に会員番号の記入をお願いします。

※講演では、リアルタイムアンサーシステムを使用するため、携帯電話をお持ちください。

※研修シールは、アンケートと引き換えに講演会終了後にお渡しします。
研修会開始時間より30分以上経過し遅刻した場合または中途退場者には埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター認定単位は付与されません。(遅刻した場合でも参加費を納めることで研修会の聴講は可能です。)

問い合わせ先

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センターTEL 048-776-9385

第83回抗がん剤研修会

医療関係者向けのチームオンコロジーについて、チーム医療のあり方、がん薬物療法など現場で直面しているテーマを日本とアメリカの違いなどを含めて、患者対応に関して、副作用対策に対する支持療法や最新知識・最新の薬物療法について研修する。

日時

2017年6月15日(木)19:00~21:10

場所

ソニックシティ 国際会議室
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
ソニックシティビル4F TEL 048-647-4111

講演

18:45~19:00
「オンコロジーの取り組みについて」
エーザイ株式会社 石上 裕剛先生

特別講演

19:00~21:10
座長 埼玉県立小児医療センター 薬剤部 副技師長 中山 季昭先生
「患者中心のためのチームオンコロジー」
~アメリカと日本のチーム医療の在り方について~(MD Anderson Cancer Center 研修体験)
群馬県立がんセンター 薬剤部 副主幹 藤田 行代志先生

参加費

会員 1000円(会員証を必ず受付に提示してください)
非会員 2000円
学生は無料です


≪埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター集合研修(G15) 1単位≫
≪日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度(P04)III-1 1単位申請中≫
≪日本病院薬剤師会 がん専門・薬物療法認定講習会 1単位申請中)≫
《日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師の認定講習会認定単位 1単位申請中》
(研修受講シールG15またはP04はいずれか一つの付与です)

※「がん専門・認定薬剤師講習会受講証明書」の発行を希望する方は、必ず、講習会受付で勉強会開始前に申し出てください。受講証明書は講習会終了時に成果報告書と引き換えに受付で交付します。

※当日記名帳記入時、シール区分により受付テーブルが分かれています。また記名は施設名、氏名の後に会員番号の記入をお願します。

お知らせ

研修会開始時間より30分以上経過し遅刻した場合または中途退場者には、埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター認定単位は付与されません。
(遅刻した場合でも参加費を納めることで研修会の聴講は可能です。)

問い合わせ先

埼玉県病院薬剤師会 事務局 048-776-9385

第283回 病院薬学研修会

インスリン発見100周年を2021に迎え、現在では再生医療の発展により、膵外分泌腺からβ細胞の作製が可能となり、1型糖尿病は過去の病気となる可能性がある。今回は、インスリンの発見から、2型糖尿病の治療とこれからの目標について講演していただく。

日時

2017年6月21日(火)19:00~20:45

場所

ソニックシティ 603会議室
(定員90名 サテライト会場もご利用下さい。)
さいたま市大宮区桜木町1-7-5 TEL 048-647-4111

講演1

19:00~19:15
「糖尿病食後過血糖改善剤ミグリトールについて」
株式会社三和化学研究所 埼玉支店 桑田 啓介 先生

講演2

19:15~20:45
座長 埼玉県病院薬剤師会 理事 岸野 亨
「糖尿病治療薬のめざすこと(仮)」
順天堂大学名誉教授 河盛 隆造 先生

参加費

会員 1000円(会員証を必ず受付に提示してください)
非会員 2000円
学生は無料です


※埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター(G15)認定単位 1単位
※日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度(P04)V-2 1単位申請中
 (研修受講シールG15またはP04はいずれか一つの付与です)

※当日記名帳記入時、シール区分により受付テーブルが分かれています。また記名は施設名、氏名の後に会員番号の記入をお願いします。

※下記の会場でも同時刻に研修会に参加できます。
・川越赤心クリニック(定員 約20名)
 駐車場がありませんので公共の交通機関でご来場ください。
・埼玉医科大学国際医療センター(定員 約100名)
・獨協医科大学越谷病院(定員 50名)
 駐車場が満車の場合がありますので公共の交通機関でご来場ください。
・秩父市立病院(定員 20名)
・川口市立医療センター(定員 約25名)
・小川赤十字病院(定員 20名)

※研修シールは、アンケートと引き換えに講演会終了後にお渡しします。
研修会開始時間より30分以上経過し遅刻した場合または中途退場者には埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター認定単位は付与されません。(遅刻した場合でも参加費を納めることで研修会の聴講は可能です。)

問い合わせ先

埼玉県病院薬剤師会生涯研修センターTEL 048-776-9385




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

薬剤師認定制度認証機構 認証機関の生涯研修会 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録