HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

究極の癌予防ジュース、19年に臨床入りを目指す‐京都府立医科大学・酒井氏

2017年5月1日 (月)

酒井氏

 癌抑制遺伝子「RB」の活動が様々な癌種で止まっていることに着目し、RBを再活性化させる化合物を絞り込む「RB再活性化スクリーニング」を発見した京都府立医科大学大学院医学研究科の酒井敏行教授は、4月20日に都内で開催された国際医薬品原料・中間体展(CPHIjapan)に講演し、RBを活性化する癌予防法の開発の方向性に言及。「究極の癌予防ジュースを創製し、再来年の臨床試験開始を目指している」と意欲を示した。

 酒井氏は、RB再活性化スクリーニング法で、スイスのノバルティスがグローバルで販売しているMEK阻害剤「トラメチニブ」を発見した実績を持つ。現在、RBの活性化による癌予防法の開発を行っている。

 酒井氏は、「動物実験や疫学データなどで癌予防効果が示唆されている食品由来の多くの物質で、RBを活性化して癌予防効果を示していることを見つけた」と明かした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録