HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】期待の開発品「ナパブカシン」、胃癌への適応で主要評価達成せず

2017年6月29日 (木)

 大日本住友製薬は、胃・食道胃接合部腺癌を対象とした癌幹細胞阻害剤「ナパブカシン(一般名)」(開発コード:BBI608)の第III相試験「BRIGHTER試験」の中間解析で、独立データモニタリング委員会が対照群に比べ主要評価項目の全生存期間(OS)で有意な延長を示す見込みが低いと判断し、試験の盲検を解除する勧告を受け入れたと発表した。ナパブカシンはSTAT3をターゲットとし、癌幹細胞性にかかわる経路を阻害するファーストインクラスの低分子経口剤として18年度申請を目指すなど試験結果が注目されていたが、厳しい結果となった。今後同社では、結腸直腸癌、膵癌の対象でナパブカシンの第III相試験を進め、早期承認の取得を目指す方向だ。

 「BRIGHTER試験」は、米国や日本などにおいて714人のフッ化ピリミジンと白金製剤の併用を含む前治療歴のある進行性胃・食道胃接合部腺癌患者を対象に実施されたランダム化二重盲検国際共同第III相試験。ナパブカシンと週1回投与パクリタキセルの併用群とパクリタキセル単独投与群を比較し、主要評価項目のOSを検討、累積イベント数が380に達した時点で中間解析を実施した。今回の結果を受け、同試験は非盲検下(オープンラベル)で試験実施計画書に定められた評価項目に従い継続されることになる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録