HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬価部会】原価方式の革新性評価‐経費「透明化」求める声

2017年6月30日 (金)

 中央社会保険医療協議会は28日の薬価専門部会で、薬価制度の抜本改革に向け、新薬算定時のイノベーション評価をめぐって議論した。特に問題意識が示されたのが原価計算方式。革新的医薬品の評価が営業利益率に対する補正として行われ、実質的な加算率が低くとどまっているとの指摘に対し、委員からは「まず製造原価の透明性、正確性を確保することが必要」との声が上がった。

 原価計算方式は、類似薬がない場合に原材料費、製造経費などを積み上げ薬価を算定する方式。この場合のイノベーション評価は、革新性や有効性、安全性の程度に応じて営業利益率のマイナス50%~プラス100%の範囲で補正が行われるが、薬価全体では営業利益率の補正率に対して実質的な加算率が低くなっているのが現状。厚労省によると、営業利益率の補正率が上限のプラス100%の新薬でも、実質的な加算率は20.82%になるという。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録