10月6日にがん新薬で合同シンポ 日本医療研究開発機構

2017年8月23日 (水)

 日本医療研究開発機構(AMED)は10月6日、東京港区の赤坂インターシティコンファレンスで第7回がん新薬開発合同シンポジウム「アカデミアとオープンイノベーション―シーズ開発はどうあるべきか」を開催する。プログラムは各氏の講演が予定されている。

 ▽シーズ開発における産官学連携:医療のイノベーションを担うベンチャ=企業の振興について=飯村康夫(厚生労働省)、医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)について=林直治(AMED)、武田薬品工業におけるオープンイノベーションの創薬研究活用=蓮岡淳(武田薬品)、ヘルスケア・イノベーションの鍵を握るエコシステム=鶴飼太郎(Johnson & Johnson INNOVATION, New Ventures Japan, Director)、国立がんセンタ=東病院における早期シ=ズ開発体制整備=土井俊彦(国立がん研究センター東病院)、筑波大学における橋渡し研究の出口戦略と人材育成=荒川義弘(筑波大学)

 ▽新たな規制との調和をめざして:治験・臨床研究に係る国内外の動向=井本昌克(厚生労働省)、個人情報保護の新潮流=佐藤恵一(日立製作所・個人遺伝情報取扱協議会)、新薬承認申請等への疾患レジストリの活用に向けた規制の展開=鹿野真弓(医薬品医療機器総合機構)

 ▽スタートアップによるイノベーション創出の実現:光免疫療法の開発=米国ベンチャー企業の足跡と日本のイノベーション創出への学び=虎石貴(アスピリアンジャパン)、キャンバスはなぜ米国治験を選択したのか=河邊拓己(キャンバス)、新規抗体のFIH目指して:柏から世界へ=松村保広(凜研究所・国立がん研究センタ=先端医療開発センター)

 定員は350人で、参加費は無料。申し込みは抗悪性腫瘍薬開発フォーラムのホームページ[http://atdd-frm.umin.jp/]から行う。

 問い合わせは、同シンポジウム事務局[E-mail:souki-symposium@east.ncc.go.jp]まで。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録