HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

新薬創出へコスト増大、ロシュとメルクが100億ドル超‐日本企業との体力差、顕著に

2017年10月31日 (火)

 世界のヘルスケア企業を対象にした研究開発費支出ランキングで、前年に引き続きスイスのロシュが首位となったことが、コンサルティング大手「PwC」の戦略コンサルティングを担う「Strategy&」の調査で明らかになった。研究開発費が100億ドル以上に達したのは、ロシュと米メルクの2社で、16位で日本企業トップの武田薬品と比較すると約4倍の規模に相当し、世界メガファーマとの企業体力の差が鮮明となっている。売上に対する研究開発費率では米セルジーンが39.8%と突出しており、2位の英アストラゼネカの25.6%に大きく差をつけたほか、イスラエルの後発医薬品世界最大手「テバ・ファーマスーティカル・インダストリーズ」が研究開発費で20位以内にランクインし、後発薬から新薬へのシフトも進む。

 ヘルスケア企業の研究開発費支出は全産業の22.7%を占め、産業別では第2位に位置した。前年比で支出成長率は5.9%増と増加が続いており、全産業における企業ランキングでもヘルスケア企業が20位以内に5社ランクインした。前年の7社からは減少した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録