【新製品】中高年に多い尿ケア製品の悩み‐かぶれ治療薬「カブナース」発売 小林製薬

2018年3月22日 (木)

 小林製薬は大人の尿パッド・おむつ等のかぶれ治療薬「カブナース」(指定第2類医薬品)を新発売した。五つの有効成分がかぶれの原因となる炎症を抑え、かぶれの原因菌を殺菌することで、患部のかゆみやヒリヒリ感を改善していく。また同社では、肌トラブルを改善する“スキンケア医薬品”カテゴリーの市場創造・拡大に向け注力しているが、新たに「アオキュア」「ケアノキュア」(いずれも第2類医薬品)、「クロキュアEX」(第3類医薬品)を発売し、同カテゴリーの充実を図った。

 近年は、趣味や仕事などに意欲的な“アクティブシニア”と呼ばれる中高年が増加傾向にあり、外出シーンが増えるに伴い、加齢による尿もれの不安を解消する軽失禁用パッドなど、尿ケア製品の需要も高まっている。一方で、同社が軽失禁用パッドの使用経験者を対象に調査を行ったところ、尿パッドによるトラブルとしては「尿のニオイ」に次いで、約4割が「患部のかゆみやかぶれ」に悩んでいることが分かった。

 尿や便などの皮膚刺激物質や、尿パッド内での細菌やカビの繁殖のほか、尿パッドの形状や素材によっては汗をかいた時にムレ等が発生することで、患部に炎症が起こり、かゆみや赤み、ヒリヒリ感の原因となる。また、こうしたかゆみやかぶれなどの症状が治りきらない中で尿パッドを使い続けると、症状がさらに悪化する悪循環に陥る可能性もあり、早めに症状を鎮め、繰り返さない対処が望まれる。

 「カブナース」は、抗炎症成分のデキサメタゾン酢酸エステル、グリチルレチン酸、かゆみ抑制成分のジフェンヒドラミン塩酸塩、局所麻酔成分のリドカイン、殺菌成分のイソプロピルメチルフェノール──の五つの成分が、尿パッドやおむつ等による患部のかぶれ、かゆみやヒリヒリ感を改善していく。伸びの良いジェルタイプの治療薬で、簡単に患部に塗布でき、パウダー配合なので塗布後もベタつかず、サラサラとした使用感も特徴。税別希望小売価格は15g1000円。

 傷あと・やけどあとの改善薬「アットノン」ブランドからは、「アオキュア」が新発売された。2種類の有効成分(滞った血を流すポリエチレンスルホン酸ナトリウム、吸収促進作用のあるニコチン酸ベンジルエステル)が、打ち身による青あざを伴う内出血や腫れを改善する。肌にとどまりやすいクリームで、5g1000円。

 「ケアノキュア」は、ムダ毛処理などで黒ずんだ毛穴が目立つ“ポツポツ肌”を改善する医薬品で、5種類の有効成分(ウフェナマート、グリチルレチン酸、ジフェンヒドラミン、トコフェロール酢酸エステル、イソプロピルメチルフェノール)が黒ずんだ毛穴周りなどの炎症を鎮めながら、肌の新陳代謝を促進することで、気になる脚やワキなどのポツポツ肌を改善し、キレイな素肌へと導く。20g1300円。

 黒ずんだひじ・ひざのザラザラ治療薬「クロキュア」からは、乾燥による皮膚のザラつきを改善する皮脂分泌促進成分を追加配合した新処方の「クロキュアEX」が発売された。黒ずんだ角質を除去しながら、黒ずみの原因となる炎症を抑えると共に、新しい皮膚への生まれ変わりを促進し、角化症を改善していく。15g1000円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録