HOME > 企画 ∨ 

【かかりつけ薬剤師・薬局をサポートする】ズー

2018年3月28日 (水)

kusudama(薬玉)‐「OCR機能」を標準搭載した新バージョン

 調剤薬局向けシステム開発・販売のズーでは、薬剤師向けタブレット端末アプリケーション「kusudama(薬玉)」を展開している。今春には、処方箋読み取りの新機能を組み込んだ新バージョンをリリースする。新たに処方箋を正確かつ高速に読み取る「OCR機能」を標準搭載することで、処方箋を手入力することなく「kusudama(薬玉)」に短時間で登録することが可能となる。薬局の生産性向上を強力に支援するシステムとして、今後さらに注目される。

 「kusudama(薬玉)」は、薬剤師1人がタブレット端末1台を持つ形で使用する。薬局内では処方箋入力、調剤前指導、処方監査、ピッキング、調剤監査、服薬指導、薬歴記載、会計などの業務を一気通貫に行い、薬局外では患者に対する24時間対応、在宅支援に至るまで、必要な業務のサポートに役立てることができる。

 調剤薬局が行う業務を全てタブレットで行うことにより、患者との対話時間を増やし、かかりつけ薬剤師の“対人業務”をサポートするシステムとして、高い評価を得ている。例えば、「kusudama(薬玉)」の特徴的な画面の一つに「調剤状況一覧画面」があるが、この調剤状況画面を確認することで、“誰が何の業務を行っているか”“待たせている患者はいないか”など薬局内を視覚化し、スタッフ全員で情報共有をリアルタイムに図れていることをメリットとして挙げる薬局も多いという。

 また、薬局外での在宅活動に対しては、訪問スケジュール、計画書作成・閲覧、残薬など確認項目、処方確認、薬歴記載、報告書作成機能など、幅広い在宅支援機能も備えている。通信可能なタブレット端末によって、24時間、患者の健康を管理することも可能だ。

 様々な優れた機能を有している「kusudama(薬玉)」だが、今回新たに加わるOCRの部分は、[1]未登録の処方箋も簡単に書式定義[2]高速な文字認識、マスター照合による自動補正[3]QRコードにも対応――などが主な特徴となっている。

 新しい未登録フォーマットの処方箋も簡単に書式定義が行えるほか、「kusudama(薬玉)」搭載の医薬品名、用法名などとマスターの照合により、正確なデータを素早く読み取れる。また、丸囲みの表記形式に関しても高い精度で読み取ることが可能。もちろん、QRコードのある処方箋についても対応しており、QRコードのあり・なしを問わず、効率よく処方箋を読み取ることができる。

ズー
http://www.emedical.ne.jp/products/kusudama/ocr/




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録