OTC初の膣カンジダ再発治療薬「メンソレータムフレディCC膣錠」 ロート製薬

2008年4月16日 (水)

メンソレータムフレディCC膣錠
メンソレータムフレディCC膣錠

 ロート製薬は、OTC医薬品では日本初となる膣カンジダ再発治療薬「メンソレータムフレディCC膣錠」を、22日から全国の薬局で発売する。医療用成分「イソコナゾール硝酸塩」を医療用と同量の100mg配合している。再発を自覚した際に、医療機関を受診しなくても、自ら治療できる画期的なスイッチOTC薬。

 膣カンジダは、体内に常在するカンジダ感染による膣炎。症状は女性器の外陰部の激しいかゆみと、おりものが増量して、おかゆ(カッテージチーズ)状や白く濁った酒かす状という特有の状態に変化する特徴がある。

 同社の調査では、膣カンジダは女性の約5人に1人が経験し、さらに罹患者の約半数が再発していることが分かっている。

 新製品は、▽医療用で治療薬として使われているイソコナゾール硝酸塩を同量配合▽臨床試験で98・4%の高い治療効果を確認▽膣深部に挿入する膣錠で、使いやすいスリムな形――などの特徴がある。

 1錠中にイソコナゾール硝酸塩100mgを含有。用法は成人(15歳以上60歳未満)が1日1回1錠を膣深部に挿入、6日間続けて使用する。3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は、医師の診療を受ける必要がある。メーカー希望小売価格(税込み)は、6錠入り3675円。

 発売後にロート製薬は、膣カンジダに対する正しい情報の伝達、プロモーションを展開する。購入者に対し、セルフチェックシートや小冊子等で店頭展開及び情報提供を実施するほか、ユーザー向けの相談窓口として「フレディコール」を新設し、女性スタッフが質問に対応する体制を整える。またウェブサイトの新設、テレビCM、雑誌広告も展開する。

 10日に大阪市内で会見した森岡茂夫専務取締役・技術担当東京支社長は「今回発売する膣カンジダ再発治療薬は、スイッチOTCの新しい形を示した意義あるもの。当社の得意なユーザー視点に立って、女性の深い悩みに真摯に対応できる商品」と強調した。

 また、西口一希執行役員マーケティング副本部長は、「これまで膣カンジダ症は、病院で治療するしか方法がなく、通院するのは心理的にハードルが高いことが想像できる」と述べ、同社の調査でカンジダ経験者の77%が、「自分で購入したい」と考えていることを紹介。売り上げ目標については、「潜在需要は大きく、初年度5億円を見込んでいる」とした。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録