HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【沢井製薬】対話型AIで情報提供強化‐国内製薬企業では初、ジェネリック薬メーカーの有効策に

2018年8月10日 (金)

 沢井製薬は、自社ウェブサイトで対話型の人工知能(AI)サービス(チャットボット)を導入し、医療関係者に対する情報提供を強化している。2月に日立システムズが提供する対話型自動応答AIサービス「CAIWA(カイワ)」を取り入れ、導入後4カ月で製品情報に関する1万3000件の問い合わせに対し、自動回答で医療関係者に必要な情報へ誘導するなど、製品情報の検索性や利便性を向上させた。国内の製薬企業で対話型のAIサービスを導入するのは初となり、膨大な製品数を抱え、情報提供に苦心するジェネリック医薬品(GE薬)メーカーにとっては、有効策になりそうだ。

 「CAIWA」は、サイト利用者が入力した質問に対して、AI技術を活用したチャットボットが自動で回答するサービスで、入力された文章と製品情報を単純なキーワードマッチングで照合するのではなく、入力された文章全体の意味やユーザーの入力意図を理解することで、言葉のゆらぎを吸収して、適切に回答できる仕様となっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録