HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【AMED研究グループが報告書】患者向ガイド、薬局で配布を‐電子お薬手帳や薬情との連携も

2018年8月10日 (金)

 患者向医薬品ガイドを十分に活用してもらうには薬局で配布したり、電子お薬手帳や薬剤情報提供文書と連携させたりするなど、薬剤師による支援が望まれる――。日本医療研究開発機構(AMED)の「患者及び医療関係者に向けた医薬品等のリスク最小化情報の伝達方法に関する研究」グループ[代表者:昭和薬科大学教授〈現熊本大学客員教授〉山本美智子氏]は、2015~17年度に実施した研究成果を報告書にまとめた。製薬会社担当者の患者向医薬品ガイドの活用実感は乏しく(本紙7月30日付既報)、患者の認知度も低いことから、様々な活用推進方策を提言。薬剤師の関与も重要と指摘している。

 患者向医薬品ガイドは、医薬品リスク管理計画(RMP)の一環として製薬会社が作成。重大な副作用の早期発見などを促すために、薬の効果や使い方、副作用などの情報を分かりやすい言葉に置き換えて提供している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録