HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【インスリン製剤の誤投与防止】販売名の原則をまとめる

2008年5月9日 (金)

 厚生労働省医薬食品局は、インスリン注射剤の誤投与を防ぐため販売名の原則をまとめ、日本製薬団体連合会を通じ関係メーカーに対応を要請した。原則に沿った名称変更は「代替新規申請」扱いにすることにした。

 インスリンの販売名については、「ノボリンR注100」「ランタス注バイアル1000」と、前者のように濃度を表示した製品(100単位/mL)と、後者のように総量を表示した製品(1000単位10mL)があり、誤解を生じる恐れがある。

 そこで、バイアル製剤は全量を使うものではなく、現場では濃度が重要であることから、「ブランド名」+「製剤組成の情報」(例:R(速効性)、N(中間型)など)+「剤形」+「規格(濃度)」を原則にすることにした。濃度は数字だけだと誤解される可能性があるため、「単位/mL」を表示することにした。

 自己注用製剤も同様で、濃度のところを「カートリッジ」または「キット」と記載する。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録