HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ゆう薬局】薬局に翻訳ツールを試験導入‐外国語対応スムーズに

2018年9月11日 (火)

会話帳と翻訳機を併用して説明する

会話帳と翻訳機を併用して説明する

 京都府を中心に90店舗以上の薬局を展開するゆう薬局グループは、外国語での対応をスムーズにするため、双方向音声翻訳機「イージートーク」と、イラスト付きのオリジナル“指さし会話帳”を、2店舗で試験的に導入する。聴覚と視覚の両面からアプローチして、正確に早く外国人のニーズを把握する。

 院外処方箋応需時は指さし会話帳で症状を確認しつつ、イージートークで服薬指導などを行う。販売シーンが多岐にわたるOTC薬はイージートークをメインに用いて説明する。状況に応じてツールを使い分け、相互に機能を補完する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録