HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【オリンパス】AIで病理診断‐偽陰性率が0%水準に

2018年9月11日 (火)

 オリンパスは、独自開発したディープラーニング技術を用いて、国立病院機構呉医療センター・中国がんセンターの臨床研究部病理診断科と、「胃生検材料を用いたAI病理診断支援ソフトウェア」の共同研究を行った結果、精度の高い病理診断が期待できる成果が得られたと発表した。スキャナーを用いて病理ガラス標本全体をデジタル化した「病理ホールスライド画像」をもとに学習させ、陽性を陽性を判定する感度で100%、陰性を陰性と判定する特異度50%に近い精度が得られたという。今後もAI病理診断支援ソリューションの提供に向けた開発に取り組んでいく。

 癌の早期発見が可能になり、病理診断の需要が拡大する中、病理医不足が叫ばれている。さらに診断件数の増加や内容の複雑化によって、病理医の負担軽減を実現するかが大きな課題となっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録