HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【SMAC・学術フォーラム2018】薬剤師の役割、さらにアピール‐かかりつけ・健サポ薬局推進で

2018年10月23日 (火)

シンポジウムの演者

シンポジウムの演者

 セルフメディケーション推進協議会(SMAC)は13日、仙台市内で学術フォーラム2018を開いた。シンポジウム「わが国の医療に貢献するかかりつけ薬剤師および健康サポート薬局の充実を目指して」では、行政、地域薬剤師会、チェーン薬局、県薬剤師会それぞれの立場から、かかりつけ薬剤師・健康サポート薬局の取り組み状況や課題が話し合われた。総合討論では、まだ地域住民の薬局薬剤師の役割についての認識度が低く、薬剤師会や個別薬局でもっとその役割をアピールする必要性を確認した。

 行政の立場からは、福島県の木村隆弘薬務課長が講演。行政は様々な計画に携わっているが、保健福祉分野の中心は医療計画と高齢者福祉計画であり、超高齢社会に突入しているわが国では、保健医療制度を持続することが課題となっており、その中でセルフメディケーションは、医療費の伸びを抑える意味からも重要になっていると指摘した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録