HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国立感染研が緊急情報】首都圏中心に風疹が流行‐患者は成人男性が最多に

2018年10月29日 (月)

 風疹が東京都や千葉県、神奈川県といった首都圏を中心に流行している。近年、風疹患者の中心は小児から成人へと変化しており、今回の流行の中心は成人男性で、国立感染症研究所は緊急情報を発し、成人男性のワクチン接種や、妊娠20週ごろまでの妊婦の風疹ウイルス感染には注意を呼びかけている。

 2018年第1~41週の風疹患者累積報告数は1289人で、第40週までの累積報告数1103人から186人増加した。08年の全数届出開始以降では、18年は13年、12年に次いで3番目に多く、17年(93人)の14倍の報告数となった。41週までに、先天性風疹症候群の報告はないが、過去には12年に2386人、13年に1万4344人の患者が報告され、この流行に関連した先天性風疹症候群が45人確認されている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報