HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共/グラクソ・スミスクライン】ジャパンワクチンを解散‐事業環境の悪化を受け

2018年11月16日 (金)

 第一三共とグラクソ・スミスクライン(GSK)は、ワクチン合弁会社「ジャパンワクチン」を解散すると発表した。インフルエンザワクチンやMRワクチンなどを販売してきたが、皮内投与型季節性インフルエンザワクチン「VN-100」の開発中止や小児用の乾燥ヘモウイルスb型ワクチン「アクトヒブ」の販売提携の終了など事業環境の悪化に伴い、両社それぞれの事業展開が最適と判断。解散後の製品販売企業については現在検討中。

 ジャパンワクチンは、第一三共とGSKの折半出資によって2012年に設立。両社のワクチンの臨床開発や営業機能を担い、小児用ワクチンを中心に感染症予防ワクチンの開発・販売を手がけてきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録