【新製品】神経疾患の創薬支援で販売‐iPS細胞由来分化細胞 富士フイルム

2019年01月28日 (月)

 富士フイルムの米子会社、フジフイルム・セルラー・ダイナミクス(FCDI)は、製薬企業や研究機関、アカデミア向けに創薬支援用iPS細胞由来分化細胞「iCell Microglia(アイセルミクログリア)」を、富士フイルム和光純薬を通じて、今月下旬に発売する。

 アイセルミクログリアは、ヒトiPS細胞をアルツハイマー型認知症やパーキンソン病などの神経疾患の発症に関与するミクログリア細胞に分化誘導した創薬支援用iPS細胞由来分化細胞。神経疾患を対象とした新薬開発に用いることで、ヒト生体における中枢神経系に近い環境で新たな評価方法を構築でき、新薬の研究開発の効率化に役立てる。

 また、既存薬を別の適応症で検討するドラッグリポジショニングにおいて、神経疾患領域における新たな適応疾患を探索するための研究開発期間の短縮を実現する。

 FCDIは、iPS細胞の開発・製造のリーディングカンパニー。2018年1月に、カリフォルニア大学アーバイン校とiPS細胞からミクログリア細胞へ分化誘導する技術に関する独占ライセンス契約を締結。約20種類の創薬支援用iPS細胞由来分化細胞を販売している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報