HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【欧州国際会議】UCで初の直接比較試験‐ベドリズマブが有意差示す

2019年3月15日 (金)

 潰瘍性大腸炎(UC)を対象にα4β7インテグリン抗体「ベドリズマブ」と抗TNFα抗体「アダリムマブ」を直接比較した後期第III相試験「VARISITY」の結果、ベドリズマブ群が52週時点で有意に高い臨床的寛解を達成したことが、デンマークのコペンハーゲンで開かれた第14回欧州クローン病・大腸炎会議で発表された。潰瘍性大腸炎を対象に二つの生物学的製剤を直接比較した臨床試験は初となる。

 同試験は、中等症から重症の活動来潰瘍性大腸炎患者769人を対象に、静脈内投与によるベドリズマブ群と皮下投与によるアダリムマブ群を比較し、52週時点での有効性と安全性を評価した無作為化二重盲検多施設共同試験。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録