HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協総会】フォーミュラリー評価に難色‐報酬誘導に慎重意見相次ぐ

2019年06月28日 (金)

中医協総会

 中央社会保険医療協議会は26日の総会で、2020年度診療報酬改定に向け、重複投薬やポリファーマシー、フォーミュラリーなどをテーマに議論した。特に医薬品の効率的で有効・安全な使用に貢献すると注目されているフォーミュラリーについて、病院や地域で普及させることの必要性や重要性については診療側、支払側から一定の理解が得られたものの、具体的な取り組みを診療報酬で評価することには複数の委員から慎重な意見が相次いだ。

 フォーミュラリーに厳密な定義はないものの、一般的に「医療機関等において医学的妥当性や経済性等を踏まえて作成された医薬品の使用方針」として用いられている。薬剤が精選されるため、漫然投与や薬剤の成分重複、併用禁忌・注意が回避できるほか、薬剤費用の節減、在庫減につながり、経営改善に寄与するなどのメリットがある。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報